スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりトランプ

やっぱり、トランプになりましたね。
トランプは予想はしていましたが

マスゴミの影響で洗脳されてしまった脳は
上がって行く事についていけず
目下、踏み損増益中、
上がって行くとしても109円か110円止まりだと
思っています。
その後は調整すると思っています。

後はトランプ失言待ちか
FRBの12月の金利を上げない騒ぎでも起これば
急落すると思っています。

ここまで来るとお祈り状態なので
いい事では無いですが
気長に待ちたいと思います。

今年の相場はみんなが思っている方向と
逆に行くことが多いので

大方の予想では12月の利上げは確実視
されているだけに、

ここで、まさかまさかの大どんでん返しが
来てもおかしくないと思っています。
今年は最後の最後まで
気が抜けない相場になりそうです。

選挙前のポジは取り合えず、損切りして
少し遊んだのですが
あの、ジリジリ上がって行く様は
私が一番苦手なパターンでしたね

下げの場合はスピードが早いので
飛び乗りしても、間に合う場合がありますが
ジリジリ上がって行くのは
何度も止まるので

ここで下かと思っていると少し上がり
また、止まってちょっと下がって又上がる
ホント、イライラが止まりませんでしたよ

私はやっぱり下げの方が好きですね。

では、結果です。

10/31 ポンドル -37.3pips

11/8  ドル円  -2.9pips
11/9  ドル円  +10.7 +4.1 -6.1 -7.0
           +20.8 +0.1 +5.7 +1.4  
           +29.7pips
 
スポンサーサイト

放置プレイのその後

放置プレイをしていた玉は
何とかプラスになりましたが

相変わらず、スキャルが苦手なため
損失小さくだしてます。

クリントンさんのメール問題でドル円は
高値から一気に1円近く下がっていて

月曜ははさてどうなるやら

ドル円はサブ口座で買いでずっと
持っていて、+120pipsで利確して
下がったところをまた買ったら
メール問題ですよ

チャート的には107円位行きそうに見えるし
ドル円何だか勢いあるけど

大統領選それでもクリントン優勢と
なれば、また上がり出すと思うんですが

何か、フィリピンのドゥテルテ大統領見てると
何ていうか、世界的に暴言がお得意な方が
国のリーダになっている流れになっているとしたら

ひょっとして、ひょっとしてトランプさんが
なっちゃう何て事もあるわけで

この、世界的に停滞している経済を
何かものすご力でぶっ壊すには
織田信長のように、古いものぶっ壊して
新しい物を作っていく何かその
凄まじい破壊力が必要で

それが出来るのはクリントンさんではなく
トランプさんのような気がするんですけど
どうでしょうか?
でも、どっちも人気ないしね・・・。

実際にアメリカの若者は
クリントンじゃ何も変わらないと
思っているらしく。

今年の相場はみんなが思っている方向に
行かず、逆に動いている所を見ると
まさかの、大ドンデン返しもあるわけで・・・

結果が分かる、最後の最後まで
気を抜かない方がいいのかも
しれないなと
密かに思っています。


では結果です。

10/25 ポンドル +20.5pips
10/28 ポンドル -11.3 -11.6 -22.9pips

何かポンドル、1.21320~1.20800辺りに
何か居るんだよね
何か、一生懸命に買っている方いるんだよね
一体誰だ????って思うくらい。

放置プレイ

10/17日からポンドルが上がってしまったため
放置プレイ状態です
売で持っているので
下がって来るのを待っていたのですが
金曜日は思ったほど下がらなかった

よく動くポンドにしてみれば
ドル円と連動するかのごとく
じぇんじぇん動きません

まずは大統領選が終わらないと
しばらくレンジでしょうか?

イギリスはEUと交渉前に
どうやら、政治不安らしき動きが出てきたので
ヘッドラインニュースで辞任、更迭、総選挙等などが
踊り出したら、かなりすごい動きになるかもしれません
結局、騒ぐだけ騒いで、回避なんて事になったら

だだ下がりかと思ったら、
キツイショートカバーが来るかも知れないので
ポンドは面白くなりそうです。

FXの魅力は売からも入れるところだと思っているので
動かないよりは、マシだと思います。

がですが
どうしても、ポンドルが買いから入る事ができず
苦しんでる感じです。
使っているテクニカルが使えなくなってきているので
非常にやりづらいです。

やっぱり、ファンダメンタルズから考えると
やっぱりポンドルは下だと思うから
買いはやっぱり怖いです。
報われる日は来るのでしょうか?

どん詰りです。
10/17  ポンドル  -71.7pips

同じところ

今週は噛み合いませんでしたね
火曜日に含み損は戻ってきたのに
オイオイそんなに負けるか?
と思うほど負けました

が・・・・・

何と次の日、なんじゃこりゃってな位
勝ちました
かなり、極端です。

木、金と私が見ている時間帯を
トレンドを想定してしまい
負けました
終わって見ればレンジでしたね。

っと言うことは、月曜日か火曜日に
ビヨーンって伸びると思っています。
(ポンドルだよ)

では、結果です。

10/11 -0.4 -16.4 -23.5 -3.7 -39.6  -83.6pips
10/12 +63.1 +28.9 +14.6 +10.4 +2.7 +119.7pips
10/13 +3.7 -12.7 -16.1  -25.1pips
10/14 -16.7 +8.8  -7.9pips

10/12の63.1はポンドルのサポートが割れたので、
夜中に売で持って、朝決済したました。
夜中に持ったポジションが朝起きて、利が乗ったら
朝の8時までに利確するのが
私のルールなので。

昼まで持っていると、大体ゼロかマイナスになる事が
非常に多いので・・・。

では良い週末を。

ポンド大暴落

金曜日の朝から、何事じゃ~って感じでしたが
調度朝から電車に乗って、乗り換えの駅で
待っている間に、チャートを見たらすごい事になっていました

20161008GBPUSDH1 

前日、売で持ち越そうか悩んでいたのですが
毎週金曜日、週超えをして失敗していたし
何と言っても雇用統計は結果出るまでは
ポジション持ちたくないのが普通。

それに携帯が壊れかけていて
チャートは見れても、多分決済出来なかったと思うので
進んでも、進んでも、元のアイコンが一杯並んでいる
最初の画面に戻ると言う状態だったので
パニックになっていたと思うので、
それはそれで良かったのかな

薄商いの中、狙いすました感じにも見えますが
どうやら、ホントの理由は分からないみたいですね
イギリスの中央銀行(日銀みたいなとこ)の
イングランド銀行が調査に乗り出すようです。

フランスの元大統領オランドさんが、
ファイナンシャルタイムズの記事に
イギリスはEU離脱したら、当然「むくい」を受けるべきだの
「制裁」を加えるべきだの日本語に訳すと過激な言葉に
訳されて、アリゴリズムが反応したとか、しないとか・・

ファイナンシャルタイムズの記事の電子版は
朝の8時に載ったって事でしょうか?
あの動きは、人間技ではないですよね。

前から思ってますが、
ブルームバーグとファイナンシャルタイムズって
特に今年は相場を荒らしている印象が強いです。

ただ、MT5だとすでに月足で見ても
水平線引っ張れる、左側が無く
困っていた所に
あの下落、これで水平線引けるわと思ったのは
私だけでしょうか?

っとは言っても、朝の動きと
ポンドを買で持っていて、苦しんだ私としては
怖くて買でなんて、入れず
また、売で含み損抱えて、週越えしてしまいました。

7月から、調子崩して
原資が今だに回復していないので
いつになった、回復するのやら
どうやら、道のりは険しいようです。

では、今週の結果です。

10/4 ポンドル +10.1 ドル円 -7.4    +2.7pips
10/5 ポンドル -13.3 -6.5 -35.5     -55.3pips
10/6 ポンドル -36.6 +27.7 +10.0 -0.9 +0.2pips
10/7 ポンドル +38.6pips

7日の日は勝っていたのにかかわらず
欲かいて続けて含み損中です
金曜日は次の日が仕事が休みと思うと
オールナイトOK状態なのと開放感が
あって、気が緩みがちになってるのが原因でしょうか?
FXよりも仕事のストレスを何とかした方がいいのかも?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: